ご挨拶 支援の質の向上を目指して

松上会長の写真 大阪知的障害者福祉協会会長の松上でございます。平素は協会の運営にご協力いただき、ありがとうございます。

さて、平成26年度の厚労省による障がい者虐待に関する状況調査結果では、福祉事業所における被虐待者の75.6%が知的障がいのある人たちでした。また、福祉事業所従事者による利用者に対する虐待を受けた被虐待者の25.7%が行動障害を伴う利用者でした。

この行動障がいを伴う利用者の多くは、重い知的障がいを伴う自閉症スペクトラム症の人たちだと推測されます。そのような現状を踏まえて、厚労省は、行動障がいへの支援の専門性を高める目的で「強度行動障害支援者養成研修」という研修制度を立ち上げ、実施しています。
行動障がいのある利用者に対する福祉事業所従事者による虐待事案が発生する背後にある要因の一つとして、私は、自閉症スペクトラム症に対する障害の特性理解とその理解に基づいた支援の不十分性にあると思っています。

皆様もご存じのように、平成28年4月に「障害者差別解消法」が施行されました。この法律の中で、「社会的障壁を取り除くために障害のある人に対する合理的な配慮を行うこと」が定められました。
「合理的配慮」について、私は、「障害特性に基づく支援と環境の提供」であると説明をしていますが、この行動障がいのある利用者への不適切な対応は、言い換えると「合理的配慮に基づいた適切なサービス提供がなされていない結果としてある」と言えます。

私は、「福祉事業所は、障がいのある人たちの人権を守る砦でなくてはならない」と考えています。そのことが私たち支援者としての一つのミッションであると言えます。
このミッションの実現に向けて私たちが成すべきことは、支援の質を高めること、即ち支援の専門性を向上することにあります。

そのことを実現する支援の基本は、(1)利用者の人権を守ること、(2)障害特性に基づくサービスの提供をすること(合理的配慮に基づいた支援)、(3)説明ができる支援(エビデンスベースの支援)をすること、(4)意思決定支援に基づいたニーズベースの支援をすること、(5)コミュニティーベースの支援であることであると思っています。
私たち大阪知的障害者福祉協会は、そのミッションの実現に向けて、皆様と協働して実践を進めたいと思っています。

会長 松上利男

一般社団法人大阪知的障害者福祉協会は、昭和38(1963)年4月に、知的障がい関係施設職員が集まり研究会の名で発足した団体です。
知的障がい児者の福祉の増進と会員施設等の充実を図ることをめざして、現在大阪府内の約200事業所が参加しています。研修会や講演会、調査研究、交流事業、知的障がい児者のためのスポーツ・レクリエーションの機会づくり、機関紙発行などの各種の事業を行っています。

新着情報・お知らせ

2017/6/9
平成28年度大阪府知的福祉協会研修委員会が行った以下の研修会の資料を会員ページに掲載しました。
第1回研修会(平成28年6月30日)
テーマ:意思決定支援のあり方について
講師:名川 勝氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
第2回研修会(平成28年11月7日)
テーマ:新任職員のための虐待防止研修
講師:前田 研介氏(社会福祉法人なにわの里)
第3回研修会中堅職員研修(平成29年1月23日)
テーマ:職員のためのアンガ-マネージメント
講師:井上泰世氏(株式会社ナースハート 代表取締役)
第4回研修会(平成29年1月16日)
テーマ:障害者グループホームの消防法令・スプリンクラーの問題
講師:古田朋也氏(障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議)
2017/6/9
平成29年度社員総会開催のご案内
日時:平成29年6月12日(月)13:30~17:00(受付開始13時から)
会場:ホテルアウィーナ大阪 葛城の間
内容:
総会(13:30~14:30)
研修会(14:45~)
  • テーマ1「第4次大阪府障がい者計画について」
    講師/大阪府障がい福祉室障がい福祉企画課企画調整グループ 総括主査
    北村孝史氏
  • テーマ2「これからのFUKUSIを共に作る(人材確保、定着、育成)」
    講師/一般社団法人「FACE to FUKUSI」池谷 徹氏
福祉業界では人材不足という深刻な社会課題の解決に向けて、福祉に関わるすべての人が主体者となって、福祉の魅力発信を考え実行していくことが必要です。FUKUSIでチャレンジする若者を応援し続けてゆくFACE to FUKUSIの活動についてお話しいただきます。
2017/3/31
トップページの画像を、会員施設利用者の方の作品に変更しました。
2017/3/9
平成27年度の事業報告・決算報告、平成28年度の役員一覧をアップしました。
2017/3/9
事業ページに、平成27年度に実施した研修会のテーマ例を追加しました。
2017/3/1
機関紙「トライアングル」146号、147号をアップしました。
2017/2/10
トップページに会長のご挨拶を掲載しました。
2016/1/29
機関紙「トライアングル」145号をアップしました。
2015/12/29
平成28年度社員総会の開催概要が決まりました。会員対象
日時:平成28年6月30日(木)午後
場所:大阪府社会福祉会館 301号室
2015/12/29
施設現場で直面する課題「医療同意と死後事務への対応」についての勉強会を開催します。会員対象
※定員に達したたため申し込みを締め切りました。
日時:平成28年3月10日(木)13時30分~15時30分
場所:大阪府社会福祉会館 505号室
講師:一般社団法人大阪知的障害者福祉協会 顧問弁護士 井上計雄氏
定員:36名(定員になり次第締め切ります)
2015/11/12
平成27年度 中堅職員研修会を開催します。会員対象
日時:平成28年1月14日(木)14時~16時(13:30受付開始)
場所:大阪府社会福祉会館 403号室
テーマ:障害者差別解消法について
講師:一般社団法人大阪知的障害者福祉協会 顧問弁護士 井上計雄氏
対象:福祉の現場に入職して概ね5年以上の職員(非常勤職員を含む)
定員:102名
申込み:別途送付済の申込み用FAX送信票で12月25日(金)までに事務局へ。定員になり次第締め切ります。
2015/10/15
平成27年度「集まれグループホーム」を開催します。
日時:平成28年1月31日(日)11時~15時
場所:たかつガーデン たかつ8F(大阪府教育会館)
対象:グループホーム利用者とその支援者
参加費:おひとり2000円程度を予定
主催:大阪知的障害児者生活サポート協会 一般社団法人大阪知的障害者福祉協会
申込み:詳細はパンフレット(PDFファイル)をご覧ください。 ※10月31日締切
2015/08/25
平成27年度 新任職員研修会を開催します。会員対象
※定員に達したたため申し込みを締め切りました。
日時:平成27年10月29日(木)14時~16時(13:30受付開始)
場所:大阪府社会福祉会館 505号室
テーマ:虐待ゼロをめざして ~虐待のない支援を考える~
講師:大阪知的障害児者生活サポート協会 理事 智原正行氏
対象:福祉の現場に入職して概ね5年までの職員(非常勤職員を含む)
定員:50名
2015/08/25
大阪知的障害者福祉協会公式サイトを開設しました。

機関紙「トライアングル」最新刊

機関紙「トライアングル」147号表紙

平成29(2017)年2月発行

一般社団法人大阪知的障害者福祉協会

〒542-0012
大阪市中央区谷町7丁目4番15号
大阪府社会福祉会館内
電話:06-6763-3785
FAX:06-6763-3759

↑ PAGE TOP